気をつけて!子供服を買うときの注意!

やっぱり安全性

スーパーマーケットに行くと可愛い子供服がたくさん並んでいることでしょう。可愛いデザインに流行りのスタイルの服が並んでいるとどれも可愛く見えてしまい自分の子供に買ってあげたいと思う母親も多いかもしれませんね。

しかし保育士さんなどの報告によると子供服につけられているボタンを子供が誤って飲み込みそうになったと言う子供を沢山あるようです。子供服の安全性については規格が設けられており日本独自の規格をクリアしている服であればある程度の安全性が保たれていると考えてよいでしょう。

この日本では子供服が事故の原因となった事例がたくさんありますが意外にも正しい統計と言うものは取られていません。ですが海外の場合は子供服が原因で子供が死んでしまったと言うこともある様です。

子供服が原因で。。。

例えばフードについているヒモや首の周りの紐がエスカレーターなどに引っかかってしまい子供が窒息したり、窒息寸前だったと言う事例が多いようです。海外の事例では服に取り付けられている首回りの紐が何かに引っかかって子供の首が絞められてしまったと言う場合が多いようです。ですから子供服を買う時にはその様な安全性も確認しておかなければいけませんね。

東京都の会議所が年ごとにまとめている報告書によれば子供服が関係した事故がたくさん報告されています。全体の77%の人が子供服が関係した事故を経験したか、または経験しそうになったとコメントしています。

保育所などの現場においても様々な事例が挙げられている様です。

ヒヤリ事故

子供服による事故

大きな事故にはならなかったものの少しヒヤリとしたという事例は沢山ある様です。

特に男の子がやれば活発で動き回る傾向がありますから特にお母様達や、保育士などは神経を尖らせている様ですよ。例えばあまりにもモコモコとした上着を子供に着せてしまい、その状態で子供が走り回るために子供が転んでしまい下り坂を転げ落ちそうになったと言うことがある様です。

他にもフード付きのトレーナーを着て鬼ごっこをしている男の子のフードがドアのノブに引っかかってしまい首が閉まりそうになったと言うこともあった様です。実際に首が締まってしまうことはないかもしれませんが、子供の首の骨はまだ完全に形成されていませんからもしかすると大きな損傷が残ってしまうことになるかもしれませんね。

一番多くあげられているヒアリ事故の案件としては服に付いているボタンを子供が飲み込んでしまったと言う事例です。確かに子供はどんなものでも口の中に入れてしまいますから子供が小さい時にはボタンの付いている服ではなくチャックで開閉できるものの方が安全かもしれませんね。

服を買う時には人気のブランドものだけでに目をやるのではなく安全性にも気を配って安心して子供に使うことのできるものを選びましょう。

次の記事を見る→ 【今韓国の子供服通販が人気!】