【月齢別】ベビー服の選び方

赤ちゃんが心地よく過ごせるようにベビー服は、体の大きさや季節に合わせたお洋服を選んであげたいですよね。

今回は赤ちゃんの月齢別でおすすめのベビー服の選び方をご紹介いたします。体の成長が早い赤ちゃんの洋服選びに役立ててください。

生後0〜4ヶ月(ねんね・腹ばい)

ねんね腹ばい期のベビー服
この時期に最も気をつけてあげたいのはやっぱり「洋服の素材」です。おしゃれな洋服を着せてあげたいのですが、素材にも少しだけ気を使ってあげましょう。0〜4ヶ月の赤ちゃんはとてもお肌が敏感で、汗をよくかきます。

通気性が良くて肌触りの柔らかい素材のベビー服を選んであげると、赤ちゃんは気持ちよくおねんねできます。また汗をよくかくので吸水性が優れているものがいいですね。

腹ばいの時期は伸縮性があるベビー服を着せてあげるととても動きやすく元気に過ごしてくれそうです。

ねんねの時期のベビー服

生後2ヶ月までは、1日のほとんどをお布団で過ごす「ねんね期」になります。特に汗をかく時期でもあるので吸水性の良い素材のベビー服がベスト。柔らかい素材のものを選んであげることも大切です。

まだ首がすわっていないので前明きタイプの肌着を選ぶととってもスムーズにオムツ替えなどができるので、その点もチェックしておきましょう。

ねんね期の赤ちゃんは体温調節を自分で行うことができません。体全体が冷えてしまうと体調を崩しやすくなるので、お母さんやお父さんの着ている服よりも1枚多めに着せてあげるようにすると安心です。

腹ばいの時期のベビー服

生後3ヶ月から4ヶ月は、そろそろ首がすわり、腹ばいになることができます。手足を自由に動かせるようになるので、活発に動いても服がはだけないようなものを選ぶのがポイント。お腹が冷えると体調を崩してしまいますのでお腹が出ないものを選んであげてください。

生後5〜9ヶ月(おすわり・はいはい)

タッチ・はいはい期のベビー服
おすわりができるようになったり、はいはいするようになるのがこの時期。デザインや機能性、着心地などをポイントにベビー服を選びましょう。

生後5ヶ月を過ぎたあたりから、赤ちゃんの視覚は完成に近づいていきます。ですので色がついた洋服を選んであげるといいかもしれません。

おすわり・はいはいの時期のベビー服

おすわりやはいはいで活発に動くようになった赤ちゃんには、動きが制限されにくい伸縮性のあるベビー服を選んであげてください。もちろんデザインも可愛くてカラフルなものがいいですね。

このころの赤ちゃんは体温が大人よりも少し高くなっています。0〜4ヶ月の時と同じように厚着させてしまうと汗をかき過ぎて風邪を引いてしまうことがありますので、大人がきている服より1枚少なめに着せてあげましょう。

生後10ヶ月〜3歳(たっち・あんよ)

たっちあんよ期のベビー服
たっちやあんよができるようになるとさらに動きは活発になり、お外で遊ぶことができるようになります。この時期はベビー服の機能性とデザインをポイントにして選びましょう。

動きが制限されにくいような総ゴムのウェストや型スナップなどがいいですね。赤ちゃんも元気に遊べて、ママも簡単に着せ替えられる一石二鳥のものがベスト。

1歳頃からは自分でできることが増えてきます。2歳頃から自分で服を脱いだり着たりすることができるので、おしゃれなTシャツを親子お揃いで着てみるのもいいかもしれません。

大人と同じ服を着ることで、お着替えの練習にもなります。

たったり歩いたりしやすいように

何かにつかまって立ち上がったり、壁伝いに歩くことができるようになる時期ですので、その邪魔にならないように動きやすい洋服を選んであげるといいですね。もちろんサイズがあったベビー服を選びましょう。

また外で遊ぶことも多くなりますので、洋服が汚れてしまうことも多くなります。たくさん洗濯しても痛みにくいしっかりしたものを選ぶのも大切。

またたっちやあんよができるようになったら、滑り止めがついている靴下を履かせてあげると安心です。

【0歳から着れる!おすすめの子供服ブランド】

次の記事を見る→ 【出産祝いにベビー服をプレゼントする方へ】