《お母さん必見》子供服の選び方 & 通販で購入するときの注意点

子供服選びポイント

お子様がいつも元気に、快適に生活できるようにベビー服、子供服は身体の成長に合わせて選ぶ必要があります。オシャレな服はもちろん着せてあげたいですが、それに加えて「動きやすいかどうか」、「素材が肌に優しいものかどうか」など実用性も気にして選んであげてください。

また子供服には多いですが、名前が書き込めるスペース(タグなど)が付いているものや、幼稚園や保育園に通うお子様がつける名札の針で洋服に傷がつかないようなアップリケが付いているものなど、様々な洋服がありますのでそちらもチェックしてみるといいかもしれません。

サイズと身体の成長

子供服を選ぶときのポイントと通販サイト

大人に比べて子供の身体の発達はとても早いです。だからと言って大きめの服をむやみに買ってしまうと、元気に走り回りたいお子様の動いが制限されてしまうことがあります。またダボダボすぎる服は摩擦で洋服がすぐに傷んでしまうというデメリットもあります。

すぐに着れなくなってしまうのはもったいないですが、できる限り現在の体のサイズに合わせて購入するようにしてくださいね。

子供服のサイズの目安

1歳 80cm
2歳 90cm
3歳 95cm
4歳 95~105cm
5歳 105~115cm
6~7歳 115~125cm
8~9歳 125~135cm
10~11歳 135~145cm
12~13歳 145~155cm

※あくまでも目安です。サイズには個人差があります。
※子供服は身長を基準に作られているものがほとんどですので通販サイトで購入される場合は身長に注意してください。

洋服の素材(編み方)について

子供服のサイズ
様々な編み方の洋服がありますが、それぞれに特徴があります。もちろんファッション的な見た目もそうですが、編み方によって特徴がありますので、そちらを紹介していきます。

  • 天竺編み
    身体にしっかりとフィットしやすい編み方です。Tシャツの素材として多く使われています。傷みにくく丈夫なので子供服にも多く採用されている素材です。

  • 鹿の子編み
    縦方向と横方向を交互に編み合わせていく編み方です。この方法で編んでいくと洋服の表面に編み柄が出てきます。通気性がよいのでこちらもおすすめ。

  • 裏毛
    通常よりも太めのイトロ使ってパイルを作ります。生地とお肌の間に空気を含みやすいので保温性が高いのがおすすめポイント。

  • パイル編み
    タオル生地のような素材で肌触りがよく夏は涼しく着用できる記事になります。優しい肌触りなので赤ちゃん用のベビー服やや子供服いも多く使われています。

  • フライス
    規則正しい編み目となっているので、横方向への伸縮性が優れている編み方です。セーターやトレーナーの袖口は伸縮性が良くなっていますよね。ジャージなどにもよく使われています。

  • スムース
    リブを二重に重ねた編み方で、表と裏が同じ肌触りなのが特徴的です。柔らかい肌触りは身体にもフィットしやすくなっています。

  • ワッフル
    大人の洋服でもよく見かけるワッフルは着た事がある方も多いでしょう。実際に着た事がある方はよくわかると思いますが、表面がでこぼこしているぶん、夏は涼しさを保ち、冬は体温で空気が温まって保温性を発揮します。

90cm~150cmの子供服のおすすめはTシャツ

オイルの子供服Tシャツ

子供服はどんなものを買おうかと悩んでいる人は、まずTシャツをチェックしてみましょう。男の子も女の子も問わず、また年齢も問わずに着用できるのがTシャツ。定番ですがとても便利です。

今は通販サイトでもオシャレなTシャツも多く販売されているので、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

きっとあなたのお子様に似合う可愛くてかっこよくて素敵なTシャツが見つかりますよ。

このTシャツのブランド通販サイトに行ってみる

次の記事を見る→ 【流行りの子供服ブランド&通販サイト】